時枝誠記の没後50年・言語過程説80年 『言語過程説の探求』第三巻「自然言語処理への展開」 刊行

明石書店から刊行

http://www.akashi.co.jp/book/b313319.html

まえがき[佐良木昌]

言語過程説に基づく日本語解析の試み[宮崎正弘]
まえがき
第一章 言語の過程的構造と自然言語処理
第二章 三浦文法に基づく日本語品詞の体系化と日本語形態素解析用文法の構築
第三章 三浦の言語モデルに基づく日本語構文・意味解析
あとがき

日英機械翻訳のための言語知識の構築と記述に関する研究[白井諭]
第一章 序論
第二章 日本語の階層的認識構造と係り受け解析
第三章 係り受け制約を利用した日本文書き替え
第四章 日英機械翻訳に必要な結合価パターン対
第五章 連鎖型および離散型共起表現の自動抽出
第六章 結論
付録A 不完全な対訳データを利用する用例利用型翻訳

意味類型構築のための文接続表現の体系化[衛藤純司]
1 はじめに
2 文の構造と意味を一体として扱う仕組み
3 複文の意味類型
4 節の意味
5 おわりに──今後の課題

時枝古典解釈文法から翻訳過程論への示唆[佐良木昌]
序章
第一章 言語過程説の確立途上における用例分析の方法
第二章 条件法として解釈される古文連体形の用法
第三章 条件法として解釈される現代連体節
第四章 連体節の連用節への換言態
第五章 連体節の翻訳過程
第六章 結章

初出一覧
編著者紹介

言語研究アソシエーション the Association for Language Research

特定非営利活動法人言語研究アソシエーションでは、ホームぺージにて言語資源・論文を公開しています。

ホームページのアドレス: http://alr.la.coocan.jp

  1. 「公開言語資源」では、機械翻訳システムや英語語源タグ付与プログラム、英日対訳データなど
  2. 「文書館」では、自然言語処理関連の論文

を公開しています。

2019科研費合同研究集会@早稲田大学

2019年12月12月15日日曜日 早稲田大学(早稲田キャンパス)8号館3階303/304/305会議室

 十 二 月 十 五 日   日 曜 日

言 語 環 境 ・ 言 語 景 観 ・ 言 語 学 習

10:00-10:30 会場設営・開場・受付

10:30-12:00 研究発表

10:30-11:00 employability関連のインタビューについて 鍋井理沙(東海大学)

11:00-11:30 プライミングと英語学習 森下美和(神戸学院大学)・原田康也(早稲田大学)

11:30-12:00 学習者対話データ収集用録音・録画機材の比較検討:ハードディスクレコーダ・ハンディカム+ブルートゥースワイヤレスマイク・アクションカメラ・全天周カメラ+360度マイク 原田康也(早稲田大学)

12:00-12:45 科研費関係者打ち合わせ・昼食

12:45-15:00 研究発表

12:45-13:30 関係代名詞節の翻訳における連体・連用の選択性 佐良木昌(明治大学)

13:30-14:15 従属接続節形成の胚たる関係節について 佐良木昌(明治大学)

14:15-15:00 地方大学における「観光英語」の授業のあり方 河原俊昭(岐阜女子大学)

15:00-15:15 休憩時間 15:15-16:50

研究発表 15:15-15:45 日光における言語景観の変容:文化と想像力 平松裕子(中央大学)・森下美和(神戸学院大学)・原田康也(早稲田大学)・佐良木昌(明治大学)

15:45-16:15 日光アプリの評価 傅翔・伊藤篤(宇都宮大学)

16:15-16:45 ヘルスツーリズム 吉村・伊藤篤(宇都宮大学)

16:45-16:50 研究集会閉会の挨拶:原田康也(早稲田大学・情報教育研究所・所長)

16:50-17:10 会場整理・撤収

•会告 ◦名称:2019科研費合同研究集会@早稲田大学

◦日程:2019年12月15日日曜日

◦会場:早稲田大学早稲田キャンパス8号館3階303/304/305会議室 ◦住所:東京都新宿区西早稲田1-6-1

◦参加費:無料

◦主催:早稲田大学情報教育研究所・早稲田大学言語情報研究所

◦共催: ◾日本英語教育学会 http://www.decode.waseda.ac.jp/jeles/index-j.html

◾日本教育言語学会 http://www.decode.waseda.ac.jp/eduling/index-j.html ◾日本ビジネスコミュニケーション学会 http://www.decode.waseda.ac.jp/abcj/index-j.html ◦企画:

◾科研費基盤研究(B)・課題番号:15H03226 研究題目:日本人英語学習者のインタラクション(相互行為)を通じた自律的相互学習プロセス解明 研究代表者:原田康也(早稲田大学) ◾科研費基盤研究(B)・課題番号:17H02249 研究題目:ICTによる観光資源開発支援:心理学的効果を応用した期待感向上 研究代表者:伊藤篤(宇都宮大学) ◾科研費基盤研究(C)・課題番号:16K02946 研究題目:英語コミュニケーションにおける統語的プライミングを利用した統語処理の自動化促進 研究代表者:森下美和(神戸学院大学) ◾科研費基盤研究(C)・課題番号:17K02987 研究題目:高度翻訳知識に基づく高品質言語サービスの研究 研究代表者:佐良木昌(明治大学) ◾科研費基盤研究(C)・課題番号18K00846 研究題目:雇用現場で求められる実用的英語スピーキング能力とは何か?:探索的研究 研究代表者:鍋井理沙(東海大学) ◾科研費基盤研究(C)・課題番号:18K11849 研究題目:ネット社会におけるインバウンド観光客・定住者を意識した文化伝達の言語表現 研究代表者:平松裕子(中央大学)

•参加・発表申し込み: ◦フォーム:https://forms.gle/F6P8rSE91o54vda36 ◦上記フォームから参加者情報等をお知らせください。 ◦発表者・連名者も、発表申し込みとは別途、参加申し込みをお願いします。

•お知らせ・注意事項・お願い【2019年11月20日現在】 ◦プログラムは現在も調整・修正中です。当日まで予告なく変更される場合があります。 ◦会場案内:早稲田キャンパスへのアクセスにつきましては、以下の地図等をご参照ください。 ◾http://www.waseda.jp/top/access ◾http://www.waseda.jp/top/access/waseda-campus ◾Google maps http://maps.google.co.jp/ にて【新宿区西早稲田1-6-1】を検索 ◾Google maps: 早稲田駅から8号館まで ◦2019年12月15日(日曜日)は8号館が閉館となる可能性があります。閉館となっている場合は、南門からキャンパスに入ってすぐ左手の8号館のガラスの自動ドアの右手にガラスの引き戸がありますので、こちらから入館して、守衛に8号館3階会議室で開催の日研究会に参加する旨をお伝えください。 ◦本研究集会は【子育て支援モード】で開催します。託児室などの用意はできませんが、乳幼児連れでの参加者・発表者を温かく迎え、見守るという方針にご理解・ご賛同いただければ幸いです。 ◦気象状況・交通機関運行状況の影響なども含め、本研究集会の開催ならびにプログラムの詳細については予期せぬ変更の可能性が考えられます。 日本英語教育学会入会のお誘い •日本英語教育学会では新規入会を随時受け付けています。興味をお持ちの方は、次のページをご参照の上、入会の意思表明を行ってください。 http://www.decode.waseda.ac.jp/jeles/index-j.html •日本英語教育学会にすでに入会済みの方で会員用メーリングリストに登録されていない方は、担当者までメーリングリスト登録用メールアドレスをお知らせください。 日本ビジネスコミュニケーション学会入会のお誘い •日本ビジネスコミュニケーション学会では新規入会を随時受け付けています。興味をお持ちの方は、次のページをご参照の上、入会の意思表明を行ってください。 http://www.decode.waseda.ac.jp/abcj/index-j.html •日本ビジネスコミュニケーション学会にすでに入会済みの方で会員用メーリングリストに登録されていない方は、担当者までメーリングリスト登録用メールアドレスをお知らせください。 [注意事項] •Copyright © 2011-2019 The Institute for Digital Enhancement of Cognitive Development, Waseda University, except for the titles of the talks announced. All rights reserved. •First drafted January 3rd, 2011. Last revised November 26th, 2019. •The meeting and talks / demos announced in this web page are subject to change without prior notice. The organizers should not be held responsible for any purported or actual damages by prospective participants due to those changes.

十 二 月 十 五 日   日 曜 日 言 語 環 境 ・ 言 語 景 観 ・ 言 語 学 習 10:00-10:30 会場設営・開場・受付 10:30-12:00 研究発表 10:30-11:00 employability関連のインタビューについて 鍋井理沙(東海大学) 11:00-11:30 プライミングと英語学習 森下美和(神戸学院大学)・原田康也(早稲田大学) 11:30-12:00 学習者対話データ収集用録音・録画機材の比較検討:ハードディスクレコーダ・ハンディカム+ブルートゥースワイヤレスマイク・アクションカメラ・全天周カメラ+360度マイク 原田康也(早稲田大学) 12:00-12:45 科研費関係者打ち合わせ・昼食 12:45-15:00 研究発表 12:45-13:30 関係代名詞節の翻訳における連体・連用の選択性 佐良木昌(明治大学) 13:30-14:15 従属接続節形成の胚たる関係節について 佐良木昌(明治大学) 14:15-15:00 地方大学における「観光英語」の授業のあり方 河原俊昭(岐阜女子大学) 15:00-15:15 休憩時間 15:15-16:50 研究発表 15:15-15:45 日光における言語景観の変容:文化と想像力 平松裕子(中央大学)・森下美和(神戸学院大学)・原田康也(早稲田大学)・佐良木昌(明治大学) 15:45-16:15 日光アプリの評価 傅翔・伊藤篤(宇都宮大学) 16:15-16:45 ヘルスツーリズム 吉村・伊藤篤(宇都宮大学) 16:45-16:50 研究集会閉会の挨拶:原田康也(早稲田大学・情報教育研究所・所長) 16:50-17:10 会場整理・撤収 •会告 ◦名称:2019科研費合同研究集会@早稲田大学 ◦日程:2019年12月15日日曜日 ◦会場:早稲田大学早稲田キャンパス8号館3階303/304/305会議室 ◦住所:東京都新宿区西早稲田1-6-1 ◦参加費:無料 ◦主催:早稲田大学情報教育研究所・早稲田大学言語情報研究所 ◦共催: ◾日本英語教育学会 http://www.decode.waseda.ac.jp/jeles/index-j.html ◾日本教育言語学会 http://www.decode.waseda.ac.jp/eduling/index-j.html ◾日本ビジネスコミュニケーション学会 http://www.decode.waseda.ac.jp/abcj/index-j.html ◦企画: ◾科研費基盤研究(B)・課題番号:15H03226 研究題目:日本人英語学習者のインタラクション(相互行為)を通じた自律的相互学習プロセス解明 研究代表者:原田康也(早稲田大学) ◾科研費基盤研究(B)・課題番号:17H02249 研究題目:ICTによる観光資源開発支援:心理学的効果を応用した期待感向上 研究代表者:伊藤篤(宇都宮大学) ◾科研費基盤研究(C)・課題番号:16K02946 研究題目:英語コミュニケーションにおける統語的プライミングを利用した統語処理の自動化促進 研究代表者:森下美和(神戸学院大学) ◾科研費基盤研究(C)・課題番号:17K02987 研究題目:高度翻訳知識に基づく高品質言語サービスの研究 研究代表者:佐良木昌(明治大学) ◾科研費基盤研究(C)・課題番号18K00846 研究題目:雇用現場で求められる実用的英語スピーキング能力とは何か?:探索的研究 研究代表者:鍋井理沙(東海大学) ◾科研費基盤研究(C)・課題番号:18K11849 研究題目:ネット社会におけるインバウンド観光客・定住者を意識した文化伝達の言語表現 研究代表者:平松裕子(中央大学) •参加・発表申し込み: ◦フォーム:https://forms.gle/F6P8rSE91o54vda36 ◦上記フォームから参加者情報等をお知らせください。 ◦発表者・連名者も、発表申し込みとは別途、参加申し込みをお願いします。 •お知らせ・注意事項・お願い【2019年11月20日現在】 ◦プログラムは現在も調整・修正中です。当日まで予告なく変更される場合があります。 ◦会場案内:早稲田キャンパスへのアクセスにつきましては、以下の地図等をご参照ください。 ◾http://www.waseda.jp/top/access ◾http://www.waseda.jp/top/access/waseda-campus ◾Google maps http://maps.google.co.jp/ にて【新宿区西早稲田1-6-1】を検索 ◾Google maps: 早稲田駅から8号館まで ◦2019年12月15日(日曜日)は8号館が閉館となる可能性があります。閉館となっている場合は、南門からキャンパスに入ってすぐ左手の8号館のガラスの自動ドアの右手にガラスの引き戸がありますので、こちらから入館して、守衛に8号館3階会議室で開催の日研究会に参加する旨をお伝えください。 ◦本研究集会は【子育て支援モード】で開催します。託児室などの用意はできませんが、乳幼児連れでの参加者・発表者を温かく迎え、見守るという方針にご理解・ご賛同いただければ幸いです。 ◦気象状況・交通機関運行状況の影響なども含め、本研究集会の開催ならびにプログラムの詳細については予期せぬ変更の可能性が考えられます。 日本英語教育学会入会のお誘い •日本英語教育学会では新規入会を随時受け付けています。興味をお持ちの方は、次のページをご参照の上、入会の意思表明を行ってください。 http://www.decode.waseda.ac.jp/jeles/index-j.html •日本英語教育学会にすでに入会済みの方で会員用メーリングリストに登録されていない方は、担当者までメーリングリスト登録用メールアドレスをお知らせください。 日本ビジネスコミュニケーション学会入会のお誘い •日本ビジネスコミュニケーション学会では新規入会を随時受け付けています。興味をお持ちの方は、次のページをご参照の上、入会の意思表明を行ってください。 http://www.decode.waseda.ac.jp/abcj/index-j.html •日本ビジネスコミュニケーション学会にすでに入会済みの方で会員用メーリングリストに登録されていない方は、担当者までメーリングリスト登録用メールアドレスをお知らせください。 [注意事項] •Copyright © 2011-2019 The Institute for Digital Enhancement of Cognitive Development, Waseda University, except for the titles of the talks announced. All rights reserved. •First drafted January 3rd, 2011. Last revised November 26th, 2019. •The meeting and talks / demos announced in this web page are subject to change without prior notice. The organizers should not be held responsible for any purported or actual damages by prospective participants due to those changes.

「言語・認識・表現」第24回年次研究会

開始時間変更、プログラム一部変更のお知らせ

2019年11月23日 土曜 午後12:30~午後5:00

千代田区役所8F 図書館内第1第2研修室

主催:「言語・認識・表現」第24回年次研究会                共催 NPO言語研究アソシエーション(ALR)

12:30 主査 宮崎正弘 挨拶                                  12:35~13:25                                             日本語のつなぎと英語のつなぎ  岩垣守彦 言語研究アソシエーションALR                                                   言語の固有性(「情報提示の嗜好」や「情報素配列(「連体節+体言」,[(し)て]の一部,も含む)」,など)によって情報順に変換できない情報がいくつかありますが,多くの場合,前から{単位情報}順に変換でき,{単位情報}順の翻訳の品質は,日本語の[関係性指標・修辞的工夫]を手がかりに,{単位情報}間の関係性や緊密性を解釈して,それをどのような英語の[関係性指標・修辞的工夫]で対応させるのかによって決まります.そこで,日本語の{単位情報}間の関係性を表す関係性指標や修辞的工夫を英語の「つなぎ」と対応状況を実際の英訳例から整理してみました。             13:25~14:15                                            ホットサンドを hot sand と英語に訳してはいけない理由                   原田康也 早稲田大学 平松子 中央大学 森下美和 神戸学院大学 佐良木昌 明治大学                                                   日本語の食事のメニューには海外からの影響・外来語の影響が大きい。しかし、外国語を外来語としてカタカナで表記し、これを短縮したとたんに、原語との連関が失われる。日本語の中でサンドといえば、サンドイッチを意味することも多いが、ホットサンドを hot sand と英語にすると砂漠で陽に照らされた灼熱の砂を思い出すことはあっても、toasted sandwiches を想起することは難しいであろう。本発表では、日光の沿道に散見される英語として不適切な表現を取り上げ、その問題点となぜそのような表記が生み出されるのかについて若干の考察を試みる。                         14:15~14:25    休憩                                                   14:25~15:15                                             「4分33秒」(ジョン・ケージ)の意味  小川文昭 明治学院大学             ジョン・ケージの「4分33秒」は楽譜に休符しか書かれていない曲である。表現の 「対象→認識→表現」という過程で考えると、音楽とは演奏者が「対象」として聴いた音を、現実の感性的な音に投影した「表現」のことである。「4分33秒」は音楽を提供するのではなく、偶然に発生する雑音の中から自分だけの音を聴きとらせようとする。つまり音楽の創造者の「認識」の立場に聴衆を立たせようとする。「4分33秒」は「表現」概念の欠けた音楽観に基づいて音楽をつきつめるとどういうことになるのかを示す実例である。                                                  15:15~15:20    休憩                                                   15:20~16:10                                             機械によっては生成できない文について     新田義彦 日本大学経済学部      人工知能,特に深層学習の近年の発展は目覚ましく,自然言語理解・生成の領域も不可侵の聖域ではなくなった.深層学習の挙動の実態はブラックボクッスであるため,肯定するにせよ否定するにせよ,具体的な言語要素の変形計算を追跡しつつ議論を展開することが著しく困難である.ブラックボックスの実態は,高度複雑な(といっても高々3層程度の)重み付きネットワークである.ネットワークの入力端子群にベクトルQを入力し,出力端子群からベクトルAを出力する.ペア(Q,A)が機械知能の知的動作である.質問-応答であったり原文‐訳文であったり,外界環境‐運転制御であったりする.このような機械的知能によっては生成できない「文」とは,一体どのような特性を持つのだろうか?あれこれ考察した結果の断片を報告する.文としては簡潔性を利として「俳句」を多く取り上げた.人工知能と自然知能の本質的差異に迫る一助となれば幸いである.                                                  16:10~17:00                                             「多次元シソーラスの構築ー自然領域部分の試作ー」 宮崎正弘(ラングテック)      多くの分類観点をもち、分類観点を明確化した多次元シソーラスでは、概念を上位の概念と様々な分類観点、および認知的プリミティブを用いて形式的に記述する。本発表では、宇宙・空・海・山・川、森林等の自然領域部分に関して、日本語の多次元シソーラスを試作した結果について紹介し、多次元シソーラスの基本構成および、記述形式を説明するとともに、多次元シソーラスを構築していく上での課題について論じる。

 

千代田区役所8F 図書館内第1第2研修室 主催:「言語・認識・表現」第24回年次研究会 共催 NPO言語研究アソシエーション(ALR) 12:30 主査 宮崎正弘 挨拶 12:35~13:25 日本語のつなぎと英語のつなぎ  岩垣守彦 言語研究アソシエーションALR 言語の固有性(「情報提示の嗜好」や「情報素配列(「連体節+体言」,[(し)て]の一部,も含む)」,など)によって情報順に変換できない情報がいくつかありますが,多くの場合,前から{単位情報}順に変換でき,{単位情報}順の翻訳の品質は,日本語の[関係性指標・修辞的工夫]を手がかりに,{単位情報}間の関係性や緊密性を解釈して,それをどのような英語の[関係性指標・修辞的工夫]で対応させるのかによって決まります.そこで,日本語の{単位情報}間の関係性を表す関係性指標や修辞的工夫を英語の「つなぎ」と対応状況を実際の英訳例から整理してみました。 13:25~14:15 ホットサンドを hot sand と英語に訳してはいけない理由 原田康也 早稲田大学 平松裕子 中央大学 森下美和 神戸学院大学 佐良木昌 明治大学 本語の食事のメニューには海外からの影響・外来語の影響が大きい。しかし、外国語を外来語としてカタカナで表記し、これを短縮したとたんに、原語との連関が失われる。日本語の中でサンドといえば、サンドイッチを意味することも多いが、ホットサンドを hot sand と英語にすると砂漠で陽に照らされた灼熱の砂を思い出すことはあっても、toasted sandwiches を想起することは難しいであろう。本発表では、日光の沿道に散見される英語として不適切な表現を取り上げ、その問題点となぜそのような表記が生み出されるのかについて若干の考察を試みる。 14:15~14:25 休憩 14:25~15:15 「4分33秒」(ジョン・ケージ)の意味  小川文昭 明治学院大学 ジョン・ケージの「4分33秒」は楽譜に休符しか書かれていない曲である。表現の 「対象→認識→表現」という過程で考えると、音楽とは演奏者が「対象」として聴いた音を、現実の感性的な音に投影した「表現」のことである。「4分33秒」は音楽を提供するのではなく、偶然に発生する雑音の中から自分だけの音を聴きとらせようとする。つまり音楽の創造者の「認識」の立場に聴衆を立たせようとする。「4分33秒」は「表現」概念の欠けた音楽観に基づいて音楽をつきつめるとどういうことになるのかを示す実例である。 15:15~15:20 休憩 15:20~16:10 機械によっては生成できない文について 新田義彦 日本大学経済学部 人工知能,特に深層学習の近年の発展は目覚ましく,自然言語理解・生成の領域も不可侵の聖域ではなくなった.深層学習の挙動の実態はブラックボクッスであるため,肯定するにせよ否定するにせよ,具体的な言語要素の変形計算を追跡しつつ議論を展開することが著しく困難である.ブラックボックスの実態は,高度複雑な(といっても高々3層程度の)重み付きネットワークである.ネットワークの入力端子群にベクトルQを入力し,出力端子群からベクトルAを出力する.ペア(Q,A)が機械知能の知的動作である.質問-応答であったり原文‐訳文であったり,外界環境‐運転制御であったりする.このような機械的知能によっては生成できない「文」とは,一体どのような特性を持つのだろうか?あれこれ考察した結果の断片を報告する.文としては簡潔性を利として「俳句」を多く取り上げた.人工知能と自然知能の本質的差異に迫る一助となれば幸いである. 16:10~17:00 「多次元シソーラスの構築ー自然領域部分の試作ー」 宮崎正弘(ラングテック) 多くの分類観点をもち、分類観点を明確化した多次元シソーラスでは、概念を上位の概念と様々な分類観点、および認知的プリミティブを用いて形式的に記述する。本発表では、宇宙・空・海・山・川、森林等の自然領域部分に関して、日本語の多次元シソーラスを試作した結果について紹介し、多次元シソーラスの基本構成および、記述形式を説明するとともに、多次元シソーラスを構築していく上での課題について論じる。

千代田区役所8F 図書館内第1第2研修室 主催:「言語・認識・表現」第24回年次研究会 共催 NPO言語研究アソシエーション(ALR) 12:30 主査 宮崎正弘 挨拶 12:35~13:25 日本語のつなぎと英語のつなぎ  岩垣守彦 言語研究アソシエーションALR 言語の固有性(「情報提示の嗜好」や「情報素配列(「連体節+体言」,[(し)て]の一部,も含む)」,など)によって情報順に変換できない情報がいくつかありますが,多くの場合,前から{単位情報}順に変換でき,{単位情報}順の翻訳の品質は,日本語の[関係性指標・修辞的工夫]を手がかりに,{単位情報}間の関係性や緊密性を解釈して,それをどのような英語の[関係性指標・修辞的工夫]で対応させるのかによって決まります.そこで,日本語の{単位情報}間の関係性を表す関係性指標や修辞的工夫を英語の「つなぎ」と対応状況を実際の英訳例から整理してみました。 13:25~14:15 ホットサンドを hot sand と英語に訳してはいけない理由 原田康也 早稲田大学 平松裕子 中央大学 森下美和 神戸学院大学 佐良木昌 明治大学 本語の食事のメニューには海外からの影響・外来語の影響が大きい。しかし、外国語を外来語としてカタカナで表記し、これを短縮したとたんに、原語との連関が失われる。日本語の中でサンドといえば、サンドイッチを意味することも多いが、ホットサンドを hot sand と英語にすると砂漠で陽に照らされた灼熱の砂を思い出すことはあっても、toasted sandwiches を想起することは難しいであろう。本発表では、日光の沿道に散見される英語として不適切な表現を取り上げ、その問題点となぜそのような表記が生み出されるのかについて若干の考察を試みる。 14:15~14:25 休憩 14:25~15:15 「4分33秒」(ジョン・ケージ)の意味  小川文昭 明治学院大学 ジョン・ケージの「4分33秒」は楽譜に休符しか書かれていない曲である。表現の 「対象→認識→表現」という過程で考えると、音楽とは演奏者が「対象」として聴いた音を、現実の感性的な音に投影した「表現」のことである。「4分33秒」は音楽を提供するのではなく、偶然に発生する雑音の中から自分だけの音を聴きとらせようとする。つまり音楽の創造者の「認識」の立場に聴衆を立たせようとする。「4分33秒」は「表現」概念の欠けた音楽観に基づいて音楽をつきつめるとどういうことになるのかを示す実例である。 15:15~15:20 休憩 15:20~16:10 機械によっては生成できない文について 新田義彦 日本大学経済学部 人工知能,特に深層学習の近年の発展は目覚ましく,自然言語理解・生成の領域も不可侵の聖域ではなくなった.深層学習の挙動の実態はブラックボクッスであるため,肯定するにせよ否定するにせよ,具体的な言語要素の変形計算を追跡しつつ議論を展開することが著しく困難である.ブラックボックスの実態は,高度複雑な(といっても高々3層程度の)重み付きネットワークである.ネットワークの入力端子群にベクトルQを入力し,出力端子群からベクトルAを出力する.ペア(Q,A)が機械知能の知的動作である.質問-応答であったり原文‐訳文であったり,外界環境‐運転制御であったりする.このような機械的知能によっては生成できない「文」とは,一体どのような特性を持つのだろうか?あれこれ考察した結果の断片を報告する.文としては簡潔性を利として「俳句」を多く取り上げた.人工知能と自然知能の本質的差異に迫る一助となれば幸いである. 16:10~17:00 「多次元シソーラスの構築ー自然領域部分の試作ー」 宮崎正弘(ラングテック) 多くの分類観点をもち、分類観点を明確化した多次元シソーラスでは、概念を上位の概念と様々な分類観点、および認知的プリミティブを用いて形式的に記述する。本発表では、宇宙・空・海・山・川、森林等の自然領域部分に関して、日本語の多次元シソーラスを試作した結果について紹介し、多次元シソーラスの基本構成および、記述形式を説明するとともに、多次元シソーラスを構築していく上での課題について論じる。

「言語・認識・表現」第24回年次研究会

とき: 2019年11月23日 土曜 午後1時~午後5時

ところ:千代田区役所8F 図書館内第1第2研修室

主催:「言語・認識・表現」研究会 共催:NPO言語研究アソシエーション(ALR)

13:00 研究会主査 宮崎正弘 挨拶

13:05~13:45   日本語のつなぎと英語のつなぎ 岩垣守彦 言語研究アソシエーションALR

言語の固有性(「情報提示の嗜好」や「情報素配列(「連体節+体言」,[(し )て]の一部,も含む)」,など)によって情報順に変換できない情報がいくつ かありますが,多くの場合,前から{単位情報}順に変換でき,{単位情報}順 の翻訳の品質は,日本語の[関係性指標・修辞的工夫]を手がかりに,{単位情 報}間の関係性や緊密性を解釈して,それをどのような英語の[関係性指標・修 辞的工夫]で対応させるのかによって決まります.そこで,日本語の{単位情報 }間の関係性を表す関係性指標や修辞的工夫を英語の「つなぎ」と対応状況を実 際の英訳例から整理してみました。

13:45~14:25   ホットサンドを hot sand と英語に訳してはいけない理由 原田康也 早稲田大学  平松裕子 中央大学 森下美和 神戸学院大学 佐良木昌 明治大学

日本語の食事のメニューには海外からの影響・外来語の影響が大きい。しかし、外 国語を外来語としてカタカナで表記し、これを短縮したとたんに、原語との連関 が失われる。日本語の中でサンドといえば、サンドイッチを意味することも多い が、ホットサンドを hot sand と英語にすると砂漠で陽に照らされた灼熱の砂を 思い出すことはあっても、toasted sandwiches を想起することは難しいであろ う。本発表では、日光の沿道に散見される英語として不適切な表現を取り上げ、 その問題点となぜそのような表記が生み出されるのかについて若干の考察を試み る。

14:25~14:35 休憩  

14:35~15:45   招待講演 「日本人 = 集団主義」説と日本語  高野陽太郎 東京大学名誉教授

日本人論では、「欧米人は個人主義的、日本人は集団主義的」と言われており、 人類学、経済学、心理学など多くの分野で、これが通説になっています。しかし 、実証的な研究を調べてみると、この通説は事実に反することが分かります。今 回は、まず、そのお話を手短かにします。  日本人論では、「日本語の特徴は、日本人が集団と融合していることを示して いる」と言われてきました。しかし、廣瀬幸生氏(筑波大学の言語学者)は、「 日本語には、集団から独立した個人の存在を示す特徴がある」と論じています。 この研究を紹介した上で、それに関連して私が行なった調査研究についてもお話 しする予定です。

15:45~15:50 休憩 

15:50~16:25 機械によっては生成できない文について   新田義彦 日本大学経済学部

人工知能,特に深層学習の近年の発展は目覚ましく,自然言語理解・生成の領域 も不可侵の聖域ではなくなった.深層学習の挙動の実態はブラックボクッスであ るため,肯定するにせよ否定するにせよ,具体的な言語要素の変形計算を追跡し つつ議論を展開することが著しく困難である.ブラックボックスの実態は,高度 複雑な(といっても高々3層程度の)重み付きネットワークである.ネットワー クの入力端子群にベクトルQを入力し,出力端子群からベクトルAを出力する. ペア(Q,A)が機械知能の知的動作である.質問-応答であったり原文‐訳文 であったり,外界環境‐運転制御であったりする.このような機械的知能によっ ては生成できない「文」とは,一体どのような特性を持つのだろうか?あれこれ 考察した結果の断片を報告する.文としては簡潔性を利として「俳句」を多く取 り上げた.人工知能と自然知能の本質的差異に迫る一助となれば幸いである.

16:25~17:00 「多次元シソーラスの構築ー自然領域部分の試作ー」    宮崎正弘(ラングテック)

多くの分類観点をもち、分類観点を明確化した多次元シソーラスでは、概念を上 位の概念と様々な分類観点、および認知的プリミティブを用いて形式的に記述す る。本発表では、宇宙・空・海・山・川、森林等の自然領域部分に関して、日本 語の多次元シソーラスを試作した結果について紹介し、多次元シソーラスの基本 構成および、記述形式を説明するとともに、多次元シソーラスを構築していく上 での課題について論じる。

終了

異なる言語間における認知的機序の差異―翻訳学と認知諸科学との接点を探る―

電子情報通信学会総合大会のご案内です  ご関心の向きにはご参加ください。  http://www.ieice-taikai.jp/2019general/jpn/

異なる言語間における認知的機序の差異――翻訳学と認知諸科学と  の接点を探る――  Exploring the differences in cognitive process between parti cular languages and the Way towards the Solution  

3月19日 13:00〜17:00 54号館 101教室

会場:早稲田大学 西早稲田キャンパス: 理工キャンパスです (東京メトロ副都心線 西早稲田駅3番出口)

https://www.waseda.jp/top/access/nishiwaseda-campus  3月19日 13:00〜17:00 54号館 101教室  

一般公開:本企画の聴講は無料です.直接,会場へお越し下さい.

A-1 基礎・境ソサイエティ特別企画(思考と言語研究会)

3月19日 13:00〜17:00 54号館 101教室

オーガナイザ 佐良木 昌 明治大学 研究・知財戦略機  佐野 洋 東京外国語大学・言語文化学部

提案趣旨

境界線の内側と外側とについての認知や話手と聞手との間での発話 方向が異言語間で異なることがある。あるいは、5Wsの情報配列が 異なる言語で違っていることがある。絶対的と思い込んでいた基準 が、実は相対的であったことを自覚する。このような異なる言語間 における認知的機序の差異について、翻訳学と認知諸科学とから協 同的なアプローチを試みる。 

3月19日 13:00〜17:00 54号館 101教室 講演時間:各60分  座長挨拶:30分 /

AK-1-1 歌舞伎の物語戦略への序―「歌舞伎の物語生成」の観点から― 小方 孝(岩手県立大) 休 憩(10分)/

AK-1-2 心象風景の描写における俳句とポエムとの差異 新田義彦(日大) 休 憩(10分)/

AK-1-3 言語は思考を左右するか? ― 言語相対性仮説 高野陽太郎(明大)/

総合討論(10分)16時50分から開始です。

「言語・認識・表現」第23回年次研究会のお知らせ

言語・認識・表現」第23回年次研究会のお知らせです。

11月10日(土) 13:00~18:30

明治学院大学 白金本館3階1310教室

http://www1.meijigakuin.ac.jp/~shirosai/access.html

https://www.meijigakuin.ac.jp/campus/shirokane/

http://www.meijigakuin.ac.jp/access/shirokane.pdf?20141104

なお、学内食堂の営業時間は、11:30~13:30

懇親会はありません。

13:00

研究会主査 挨拶 宮崎正弘(ラングテック)

13:05

「日本語の[関係性指標・修辞的工夫]と英語の対応関係を探る」

岩垣守彦(言語研究アソシエーション)

言語を{(準)単位情報}と[関係性指標・修辞的工夫]からなる情報交換とし

て見ると,日本語から英語への翻訳において,英語の[関係性指標・修辞的工夫]

は,日本語の[関係性指標(そして・から・ながら・しかし・時に,など)・修

辞的工夫(て・で・と・が,など)]を手がかりに,日本文の{単位情報}間の

「関係性」と「緊密性」を斟酌して翻訳者が決める.それで,日本語と英語の

[関係性指標・修辞的工夫]の対応関係を探る.

13:55

「俳句における不易流行あるいは陳腐と新奇について」

新田義彦(日本大学/言語研究アソシエーション)

俳句の叙述は永遠性あるいは普遍性を持たねばならぬ.一方また時代の流れに敏

感な斬新性あるいは流行性をも待たねばならない.これは芭蕉が元禄2年(1689

年)冬頃からしきりに説き始めた俳句の基本理念を,筆者が多少捻じ曲げて表現

したものである.俳句は言ううまでもなく,極超短編の擬似文であるから,同一

類似の表現や語句が出現する確率は極めて高い.換言すれば陳腐な駄句が出現す

る確率が高い.このような危うい文生成空間の中で,それでもやはり人を感動さ

せる名句が存在し,時々は生成される.その秘密は何処にあるのか?気儘に考察

したことを報告したい.

14:45-15:00     休憩

15:00

「形容詞の活用形と結合価」

青山文啓(桜美林大学)

〈ココガイタイ〉と〈ココニイタイ〉はふたつの文に現われる格助詞にしか違い

を見いだせない。しかし鼓膜を打つ音声情報から頭のなかの辞書を引き,この違

いをもとにそれぞれ〈ココガ-イタイ〉〈ココニ-イ-タイ〉のような単語に分割

して,文の意味を復元しようとする。それぞれの助詞の違いはイタイとイルそれぞ

れの語幹部分が持つ結合価(文型)情報によるが,ここでは形容詞の連用形とそれ

にテが附属したテ形とに焦点をあて,結合価が不可欠の情報であることをあらた

めて例証したい。

16:30-16:40     休憩

16:40

「多次元シソーラスの基本的枠組みとその構築法」

宮崎正弘(ラングテック)

多くの分類観点をもち、分類観点を明確化した多次元シソーラスでは、意味属性

(概念)を上位の概念と様々な分類観点、および認知的プリミティブを用いて形

式的に記述する。本発表では、このような多次元シソーラスの基本的枠組みとと

もに、日常日本語を対象とするより高度な意味処理向けの多次元シソーラスをど

のように構築するかについて述べる。

17:30

「時枝「対象語―形容詞述語」分析における話者の意識分析について」

佐良木昌(明治大学/言語研究アソシエーション)

対象語の措定は、場面の概念(論文「場面の制約」)を導入しえた可能根拠なの

である。意味分析(「語の意味の体系的組織は可能であるか」1936)との関連で

時枝が現象学の志向概念を検討したことは確かだろうし、意識に於ける対象とそ

れへの志向という分析視座は、場面論において顕著に導入されている。だがそれ

は「対象語―形容詞述語」分析の成功と行為的場面を前提としたうえのことであ

る。時枝における意識と言語との表現過程について論じる。

18:20

終了の挨拶

小川文昭(明治学院大学)

18:30  終了

 

高度翻訳知識シンポジウム

_______________________________________________________________________

2018科研費(17K02987)によるシンポジウム

―高度翻訳知識に基づく高品質言語サービスの研究―

________________________________________________________________________

 

■2018年12月15日 13:00~17:30

■早稲田大学8号館3階303/304/305会議室

https://www.waseda.jp/top/access/waseda-campus

www.waseda.jp/student/koho/15_campusmap_2018.pdf

科研費(17K 02987)代表 佐良木昌(明治大学)による

高度翻訳知識シンポジウムを開催します。

皆様のご参加をお待ちしております。

事前登録・参加費はございません。

 

■シンポジウム・プログラム

13:00-13:30     科研報告

「高度翻訳知識構築のためのデータベース編纂」

佐良木昌(明治大学)

 

13:30-14:00     科研報告

「SFにおける語と指示対象の関係:意味の理論と翻訳可能性」

原田康也(早稲田大学)

 

14:00-14:10 休憩

 

14:10-15:10 【招待講演1】

「日本語複単語表現レキシコンJMWEL-フレーズベース処理のための新たな言語資

源-」

首藤公昭(福岡大学名誉教授)

 

コロケーション,決まり文句,慣用句,単噴用句などの長単位表現とその派生表現,

計約140,000の見出しからなり、平仮名べた書き見出しのほかに,形態素分かち書

き、構文機能,構文構造,内部修飾可否情報,文脈条件,呼応情報,語釈などを与え

た日本語複単語表現レキシコンJMWELの概要を動詞性表現を中心に紹介する。

 

15:10-15:25 休憩

 

15:25-16:25 【招待講演2】

「日本語の重文・複文の翻訳の順序に関して」

岩垣守彦(NPO 言語研究アソシエーション・前玉川大学教授)

 

翻訳というのは「イメージ・概念の塊」(単位情報)の順に提示された異言語の

「符牒列」を等価的に適正な母語符牒に変換処理するものであるが,言語には固

有性がある.その固有性を克服するために,先人たちの「文法」と「解釈法(異

言語を母語の構造で理解する)」を参照しながら,言語情報を「単位情報(一つ

の動詞と一つ以上の名詞)」と「関係性指標」の組み合わせととらえて、「イメ

ージ・概念の塊」の順に処理する方法とその限界を探る

 

16:25-16:30 休憩

 

16:30-17:30 【招待講演3】

「高度な意味処理向けの新しいシソーラスの提案-連想型多次元シソーラス-」

宮崎正弘(新潟大学名誉教授・ラングテック社長)

 

より高度な日本語意味処理を実現するため、多くの分類観点を持ち、単語連想機

能を持った新しい日本語シソーラス(連想型多次元シソーラス)を提案し、その

意味処理への適用性について論じる。連想型多次元シソーラスによって格パター

ンと上位-下位関係に基づく従来型シソーラスをベースにした意味処理の技術的

行き詰まりを打破し、新しい意味処理が可能となることを論じる。

 

 

 

 

辞書プロジェクト会議第二期第9回会議 8月25日 土 午後 千代田区役所図書館第1第2研修室

【 8月25日 土曜 午後 辞書プロジェクト会議第二期第9回】

千代田区役所図書館第1第2研修室

辞書プロジェクト会議第二期第9回会議のご案内

2018年8月25日 土曜  13:00~

千代田区役所図書館第1第2研修室

プログラム 8月25日

13:00

「高度翻訳知識の導出に向けて」科研費研究報告

佐良木昌(明治大学/ALR)

13:45

「接続表現の訳し分けの条件ー「ながらも」を例に」

衛藤純司(ランゲージウェア)

14:30

「食文化に関する異言語観情報共有の問題」

鈴木雅実(KDDI総合研究所)

15:15ー15:30 休憩

15:30-16:15

「高度な意味処理向けの新しいシソーラスの提案-連想型多次元シソーラス-」

宮崎正弘(ラングテック)

16:15-17:00

「自動点字翻訳システムibukiTenCの公開後の現状」

池田尚志(岐阜大学名誉教授)

以前、自然言語処理の応用の一つとして自動点字翻訳システムibukiTenC

というものを作成し2007年以来公開している。10年を経過して未だそのま

ま公開は続けており、利用される方も続いている。その現状を報告する。

17:00 終了

言語過程説80年時枝没後50年

 「言語・認識・表現」第22回年次研究会

2017年11月25日土曜 午前10:30~午後6:00

千代田区役所図書館第1第2研修室

 

 

 

10:20           受付開始

10:30

研究会主査 宮崎正弘(ラングテック・新潟大学名誉教授)挨拶

10:30-1130

「日英単文翻訳のための日本語文の書き換え」      宮崎正弘ラングテック

日本語的発想で書かれたこなれた日本語表現を、意味・ニュアンスの差を可能な限り正しく表現した自然な英語文に翻訳するには、意味と親和性のある文構造を出力する高度な日本語解析技術とともに日英間の発想の差を吸収する枠組みとしての日本語書き換えが必要である。本稿では、日英翻訳の基盤となる単文翻訳の高度化を目指して、日英間で文構成要素の対応がとれないこなれた日本語表現を意味的に等価な英語に翻訳しやすい規格化された日本語表現に自動変換する方法を中心に論じる。

11:30-12:00

UUS式英日機械翻訳の辞書登録                                 吉澤忠義(ALR)

英日機械翻訳のプログラム(EtranJ)、27年前、「C言語による英和翻訳システム」を移植。ここ数年間、「https://www.yahoo.com/」の英語ニュース3,4行を訳し続け、EtranJの語類辞書の登録件数が11万語を超えました(トランプに関する記事が多い)。柴田勝征先生が取り組んだ「英和機械翻訳用大規模辞書構築」に倣って、ぽつぽつと進め、たどり着いたものです。目標は、30万語類を超えたい…20年はかかるかな!

英文:I read the book indicating the cold case with the notion that Kate might be the criminal.

◎EtranJ訳:私は、ケイトが犯人であるかもしれないと思われる迷宮入り事件を示している本を読みました。

◎US機械翻訳(柴田):私は迷宮入り事件を指し示すその本を読みますが、ケイトは犯罪者であるかもしれませんのように考えている。

◎Gogle翻訳:私はケイトが犯人かも知れないという冷たいケースを示す本を読んだ。

 

12:00-1:15   休憩

1:15-2:30

「オントロジー的部分空間」               新田義彦(ALR/日本大学)

俳句のような芸術的文は,日常の場で使われる文と比較してその含意するメッセージ情報の量が圧倒的に大きい。また情報量の増長には俳句歳時記(俳句オントロジー)の作用が寄与する。断片文を、文法的要素が完備した通常文のように解釈できる理由は、オントロジー的部分空間の参照にある.オントロジーの基本部分は歳時記や辞典などにより与えられる.成文化しているオントロジー以外に、句作者がもつ人生経験のような無定形な物語知識もオントロジーとして重要である.形式的解釈の観点から,個々の句作者の持つ人生物語を集成することは難しいが、その断片を内省的に推量して描写することは可能である。

2:30-2:40     休憩

2:40-3:30

「漢字の読み=振仮名+送仮名」          上田博和(国語問題協議会)

「終る・終える」は「終」の読みがオワとオで不統一だからと、「終わる」と送つてオに統一しようとするのは、漢字「終」の読みが「終る」「終わる」に於て、ともに「オワル」であることを知らず、送仮名も振仮名と同じく漢字の読み」を示すことを知らないからである。漢字「終」の訓〔おわる〕に、訓読み「おわら・おわり・おわる・おわれ」はあるが、「オ・オワ」は無い。
3:30-4:30

「指示と表現―意思の伝達―」           小川文昭(明治学院大学)

他者に何かを伝えようとする行為を枠組みとして、その内部構造が発展した結果、規範を介して概念を表現する言語が生れた。言語は主体的な表現が伴う点で記号より音楽や絵画に近い。音声、文字は感性的存在であると同時に、概念を映す表現体でもある。表現体と表現との二重性によって言語表現の二重性と観察的立場と主体的立場の別が生じる。表現体(単語)が文に組織される構成法は、ヨーロッパ諸語では基本的に単語内部に表現されるが、日本語と中国語では表現体(単語)相互の直接の構成関係として現れる。

4:30-4:40     休憩

4:40-6:00

「言語過程説における場面論―その表現実践論的解明の意義と限界―」

佐良木 昌(ALR/明治大学)

本報告では、表現主体を拠点とした言語的表現実践論として時枝の言語本質論が、場面論を核に展開されていることに言及する。時枝場面論の形成過程を辿ることで、言語過程説の構築過程を追思考(nachdenken)する、この試みが今日の課題である。

6:00 終了予定

ALR Preview

Tagging Utility Program: putting etymological tags on a text

http://alr.la.coocan.jp/gogen.html

“The Dictionary of English Etymology for Analyzing Expressions” (hereinafter referred to as DEE ) contains the origin and borrowing process of approximately 20,000 English words and will be expected to expand to 25,000 (currently under compilation).

The DEE has been developed together with a tagging utility program. The tagging program allows users to tag each word of the target text at etymological labels(OE, ME, F, L, G, etc), by consulting the DEE database. One objective of the DEE is that it enables scholars to automatically analyze English expressions with the view that the etymology of each word in a text is one of the essential elements determining the behavior of the expression. Setting up etymology as one attribute of any word, researchers will be able to create the possibilities of developing semantic and rhetorical analysis.

Hemingway “The End of Something” Tagged

In the old(OE) days(OE) Hortons bay(OF) was a lumbering(ME) town(OE). No one(OE) who(OE) lived(OE) in it was out of sound(OE-ON) of the big(ME-ON) saws(OE) in the mill(OE) by the lake(OF). Then(OE) one(OE) year(OE) there(OE) were no more(OE) logs(ON?) to make(OE) lumber(ME). The lumber(OE) schooners(American) came(OE) into the bay(OF) and were loaded(OE) with the cut(OE) of the mill(OE) that stood(OE) stacked(ON) in the yard(OE). All(OE) the piles(OE) of lumber(OE) were carried(NF) away(OE). The big(ME) mill(OE) building(OE) had(OE) all(OE) it machinery(F) that was removable(OF+of) taken(OE) out and hoisted(MDu) on hoard(OE) one(OE) of the schooners(American) by the men(OE) who(OE) had(OE) worked(OE) in the mill(OE). The schooner(American) moved(AN) out of the bay(OF) toward the open(OE) lake(OF) carrying(NF) the two(OE) great(OE) saws(OE), the travelling(OF) carriage(F) that hurled(lowG) the logs(ON?) against the revolving(OF), circular(AF) saws(OE) ……