辞書プロジェクト第2期第6回会議の開催 2015年8月27日

辞書プロジェクト第2期第6回会議のお知らせです。ご関心の向きにはぜひご参加ください。

日程: 2015年8月27日、午後1時~午後5時

会場: 東京都千代田区図書館9F第1会議室

高度翻訳知識の体系化と機械翻訳への実装

主催: NPO言語研究アソシエーション

日程:  2015年8月27日 木曜日 PM1:00~PM5:00

会議場:東京都千代田区役所9F図書館第1研修室

http://www.library.chiyoda.tokyo.jp/facilities/chiyoda/

 

プログラム(暫定版)  時間調整あり

PM1:00

「翻訳知識の体系化のための資料1―サングラスをはずすと目が痛んだ」

「翻訳知識の体系化のための資料2―運転席のシモーヌ」 岩垣守彦   ALR

PM2:00  「翻訳論の新地平」(仮題)新田義彦  日本大学

PM3:00~PM3:15                      休憩

PM3:15  「世界展開にあたってのマーケティング資料翻訳の現実(和訳者の立場から)」  宮澤おりえ   ケント大学

PM4;00「US式機械翻訳における訳質高度化に向けた辞書記述・文法記述の諸問題」吉澤忠義    アンドロメティック

PM4;30「主部に係る連体節の特質と、その英訳方法-連体節と関係節との差異-」佐良木昌   ALR

PM5:00 終了

 

春田コーパスの紹介(1)

英語プロムナード

英語の語法に関心があり50年近く読んだ多種多様な文の中に出てくる興味関心を引く語句や個所にアンダーラインをほどこし他日それをカードに記入、項目別に分類してカード箱に入れてきました。カード数は4万枚に達していますが、紙数のこともありそのうちのごく一部を紹介し英語の一面に触れてみたいと思います。すべてネーティヴの書いた文に基づいています。いまは電子の時代で各種既製のコーパスで検索できる時代です。しか語法上のことでも学習者や研究者のつかない問題点まで教えてくれることはできません。カーデングによりこのことに焦点を置き私のコーパス製作に努めてきましたので、他の文献とは趣が異なる面も多々あるかと思いますがこのテキストを通して日本語と異なる英語の特性の一面を知っていただければと思います。

2010年4月 春田勝久 『大学生のための英単語・文法ノート』はしがき 明石書店

Amazon

 

「名詞類義語・関連語の語順」 (実例に基づく実証的観察)  春田勝久

英語の語法研究を始めて40年以上になる。英文の随筆、小説,論評、時事文など主として英字新聞、高校の副読本・大学の教材(共にネーテブスピーカーのもの)460冊余りの中で参考になるものをカードに書き込み、文体、統語、形態、意味論 その多種多様な分野にわたって分類してカード箱に入れるように心がけてきた。収集したカードの数は4万枚を越したが、この中今回の発表は「名詞類義語の語順」の項に入っているもののみを取り出し、それを改めて整理し分類したものである。 常日頃、英文に接している時に注意を引く個所にアンダーラインを施し、それを他日その英文と出典(作家・作品名、出版社名およびページなど)をカードに書き込み、また別の日にそれを項目ごとにカード箱に入れることを習慣にしていている。なほ時間と手間を省くために、カードにはアンダーライン前後の英文と、出典のページと番号のみを記し、別のノ-トに符合する番号を記した出典一覧表を作り必要なときに、改めて確認することにしている。長年手ををつけることなく放置された状態にあるため、大体の想像はついていても実態は曖昧であり取り出すときは不安と好奇に充ち、ちょうどパソコンの受信トレイを開くのと似通った気持ちを抱く。 今はコンピューター・CD-ROMの時代である。市販ものを利用すれば瞬時にして統計のとれる時代である。しかし、それぞれには一長一短あり千差万別の作家や出典のものの研究には未だ不十分な面が多いと聞く。その意味で私のものは私なりに語法研究の観点に立って収集したものであり、一つの資料として提示する。

 

語彙篇・用法篇・文型篇 http://alr.la.coocan.jp/haruta_corpus.html

語彙篇

1 英語≠カタカナ英語 2 Tsumami 3 実例に基づくonomatopoeia(擬音語・擬声語・擬態語)寸見 4 tournament 5 「わが国」 6 homestay 7 (h)の発音について 8 Britons 9 op-edとは何か 10 男性とbeautiful : 女性とhandsome 11 G’ an ill person, etc… 12 「真善美・真美善」⇔「偽悪醜」 雑感 13 国際結婚 14 風流な ! と ?

用法篇

1 名詞の語順の原則 2 名詞類義語・関連語の語順(実例に基づく実証的観察) 3 名詞連語の語順 4 反意語の語順 5 衣食住の語順と英語表現 6 REPEATITION (反復) 7 「など、その他」の表現 8 実践的Cognate Verb の諸相 9 DO+Noun 10 spend 目的語 前置詞 ~ 11 S+V+(prep.) up/down+N(一つのテータ) 12 have mostly to do with 13 fight with 14 動詞landの実例 15 different from/different than/different to/different from~ to~/different to~ from 16 ①… of ~ kind(s)/sort(s), etcと②~ kind(s)/sort(s) of …, etcの形態比較(kind/sort, etcが種類、種族を表す場合) 17 Adjective Phrase(形容詞句)としてのin the past(期間) 前置詞 18 名詞+前置詞+名詞(名詞は同一語) 19 during/in/for/over … the past/last … years, etc. 20 形態別between/betwixt/ in betweenの諸相

文型篇

1 実例によるbe+very+形容詞化した過去分詞形 2 自動詞(be 動詞を除く)/p.p. 過去分詞(形容詞化したものを含む) 3 進行形とalways/continually, for ever, etc.の特性 4 実例(117)に基づくSplit Infinitive (=SI)「分離不定詞」の実態(一つの資料) 5 Bare-infinitive in ‘All you need to do is save your money, etc.’ 6 remember ~ing 7 the 比較級, … the 比較級 8 比較級、最上級の語順 9 実例による「無生物主語+V」 10 同一、類似「関係詞」の語順(先行詞) 11 先行詞が「人」以外の関係代名詞who 12 人称代名詞と主要語句、同格語句 13 Ever 否定(文)など 14 倒置文 15 O+S+V+C 16 C+S+V+O  2例 17 文頭のas well asの実例 18 移動した補語C