「言語・認識・表現」第23回年次研究会のお知らせ

言語・認識・表現」第23回年次研究会のお知らせです。

11月10日(土) 13:00~18:30

明治学院大学 白金本館3階1310教室

http://www1.meijigakuin.ac.jp/~shirosai/access.html

https://www.meijigakuin.ac.jp/campus/shirokane/

http://www.meijigakuin.ac.jp/access/shirokane.pdf?20141104

なお、学内食堂の営業時間は、11:30~13:30

懇親会はありません。

13:00

研究会主査 挨拶 宮崎正弘(ラングテック)

13:05

「日本語の[関係性指標・修辞的工夫]と英語の対応関係を探る」

岩垣守彦(言語研究アソシエーション)

言語を{(準)単位情報}と[関係性指標・修辞的工夫]からなる情報交換とし

て見ると,日本語から英語への翻訳において,英語の[関係性指標・修辞的工夫]

は,日本語の[関係性指標(そして・から・ながら・しかし・時に,など)・修

辞的工夫(て・で・と・が,など)]を手がかりに,日本文の{単位情報}間の

「関係性」と「緊密性」を斟酌して翻訳者が決める.それで,日本語と英語の

[関係性指標・修辞的工夫]の対応関係を探る.

13:55

「俳句における不易流行あるいは陳腐と新奇について」

新田義彦(日本大学/言語研究アソシエーション)

俳句の叙述は永遠性あるいは普遍性を持たねばならぬ.一方また時代の流れに敏

感な斬新性あるいは流行性をも待たねばならない.これは芭蕉が元禄2年(1689

年)冬頃からしきりに説き始めた俳句の基本理念を,筆者が多少捻じ曲げて表現

したものである.俳句は言ううまでもなく,極超短編の擬似文であるから,同一

類似の表現や語句が出現する確率は極めて高い.換言すれば陳腐な駄句が出現す

る確率が高い.このような危うい文生成空間の中で,それでもやはり人を感動さ

せる名句が存在し,時々は生成される.その秘密は何処にあるのか?気儘に考察

したことを報告したい.

14:45-15:00     休憩

15:00

「形容詞の活用形と結合価」

青山文啓(桜美林大学)

〈ココガイタイ〉と〈ココニイタイ〉はふたつの文に現われる格助詞にしか違い

を見いだせない。しかし鼓膜を打つ音声情報から頭のなかの辞書を引き,この違

いをもとにそれぞれ〈ココガ-イタイ〉〈ココニ-イ-タイ〉のような単語に分割

して,文の意味を復元しようとする。それぞれの助詞の違いはイタイとイルそれぞ

れの語幹部分が持つ結合価(文型)情報によるが,ここでは形容詞の連用形とそれ

にテが附属したテ形とに焦点をあて,結合価が不可欠の情報であることをあらた

めて例証したい。

16:30-16:40     休憩

16:40

「多次元シソーラスの基本的枠組みとその構築法」

宮崎正弘(ラングテック)

多くの分類観点をもち、分類観点を明確化した多次元シソーラスでは、意味属性

(概念)を上位の概念と様々な分類観点、および認知的プリミティブを用いて形

式的に記述する。本発表では、このような多次元シソーラスの基本的枠組みとと

もに、日常日本語を対象とするより高度な意味処理向けの多次元シソーラスをど

のように構築するかについて述べる。

17:30

「時枝「対象語―形容詞述語」分析における話者の意識分析について」

佐良木昌(明治大学/言語研究アソシエーション)

対象語の措定は、場面の概念(論文「場面の制約」)を導入しえた可能根拠なの

である。意味分析(「語の意味の体系的組織は可能であるか」1936)との関連で

時枝が現象学の志向概念を検討したことは確かだろうし、意識に於ける対象とそ

れへの志向という分析視座は、場面論において顕著に導入されている。だがそれ

は「対象語―形容詞述語」分析の成功と行為的場面を前提としたうえのことであ

る。時枝における意識と言語との表現過程について論じる。

18:20

終了の挨拶

小川文昭(明治学院大学)

18:30  終了

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です