高度翻訳知識シンポジウム

_______________________________________________________________________

2018科研費(17K02987)によるシンポジウム

―高度翻訳知識に基づく高品質言語サービスの研究―

________________________________________________________________________

 

■2018年12月15日 13:00~17:30

■早稲田大学8号館3階303/304/305会議室

https://www.waseda.jp/top/access/waseda-campus

www.waseda.jp/student/koho/15_campusmap_2018.pdf

科研費(17K 02987)代表 佐良木昌(明治大学)による

高度翻訳知識シンポジウムを開催します。

皆様のご参加をお待ちしております。

事前登録・参加費はございません。

 

■シンポジウム・プログラム

13:00-13:30     科研報告

「高度翻訳知識構築のためのデータベース編纂」

佐良木昌(明治大学)

 

13:30-14:00     科研報告

「SFにおける語と指示対象の関係:意味の理論と翻訳可能性」

原田康也(早稲田大学)

 

14:00-14:10 休憩

 

14:10-15:10 【招待講演1】

「日本語複単語表現レキシコンJMWEL-フレーズベース処理のための新たな言語資

源-」

首藤公昭(福岡大学名誉教授)

 

コロケーション,決まり文句,慣用句,単噴用句などの長単位表現とその派生表現,

計約140,000の見出しからなり、平仮名べた書き見出しのほかに,形態素分かち書

き、構文機能,構文構造,内部修飾可否情報,文脈条件,呼応情報,語釈などを与え

た日本語複単語表現レキシコンJMWELの概要を動詞性表現を中心に紹介する。

 

15:10-15:25 休憩

 

15:25-16:25 【招待講演2】

「日本語の重文・複文の翻訳の順序に関して」

岩垣守彦(NPO 言語研究アソシエーション・前玉川大学教授)

 

翻訳というのは「イメージ・概念の塊」(単位情報)の順に提示された異言語の

「符牒列」を等価的に適正な母語符牒に変換処理するものであるが,言語には固

有性がある.その固有性を克服するために,先人たちの「文法」と「解釈法(異

言語を母語の構造で理解する)」を参照しながら,言語情報を「単位情報(一つ

の動詞と一つ以上の名詞)」と「関係性指標」の組み合わせととらえて、「イメ

ージ・概念の塊」の順に処理する方法とその限界を探る

 

16:25-16:30 休憩

 

16:30-17:30 【招待講演3】

「高度な意味処理向けの新しいシソーラスの提案-連想型多次元シソーラス-」

宮崎正弘(新潟大学名誉教授・ラングテック社長)

 

より高度な日本語意味処理を実現するため、多くの分類観点を持ち、単語連想機

能を持った新しい日本語シソーラス(連想型多次元シソーラス)を提案し、その

意味処理への適用性について論じる。連想型多次元シソーラスによって格パター

ンと上位-下位関係に基づく従来型シソーラスをベースにした意味処理の技術的

行き詰まりを打破し、新しい意味処理が可能となることを論じる。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です