「言語・認識・表現」第23回年次研究会のお知らせ

言語・認識・表現」第23回年次研究会のお知らせです。

11月10日(土) 13:00~18:30

明治学院大学 白金本館3階1310教室

http://www1.meijigakuin.ac.jp/~shirosai/access.html

https://www.meijigakuin.ac.jp/campus/shirokane/

http://www.meijigakuin.ac.jp/access/shirokane.pdf?20141104

なお、学内食堂の営業時間は、11:30~13:30

懇親会はありません。

13:00

研究会主査 挨拶 宮崎正弘(ラングテック)

13:05

「日本語の[関係性指標・修辞的工夫]と英語の対応関係を探る」

岩垣守彦(言語研究アソシエーション)

言語を{(準)単位情報}と[関係性指標・修辞的工夫]からなる情報交換とし

て見ると,日本語から英語への翻訳において,英語の[関係性指標・修辞的工夫]

は,日本語の[関係性指標(そして・から・ながら・しかし・時に,など)・修

辞的工夫(て・で・と・が,など)]を手がかりに,日本文の{単位情報}間の

「関係性」と「緊密性」を斟酌して翻訳者が決める.それで,日本語と英語の

[関係性指標・修辞的工夫]の対応関係を探る.

13:55

「俳句における不易流行あるいは陳腐と新奇について」

新田義彦(日本大学/言語研究アソシエーション)

俳句の叙述は永遠性あるいは普遍性を持たねばならぬ.一方また時代の流れに敏

感な斬新性あるいは流行性をも待たねばならない.これは芭蕉が元禄2年(1689

年)冬頃からしきりに説き始めた俳句の基本理念を,筆者が多少捻じ曲げて表現

したものである.俳句は言ううまでもなく,極超短編の擬似文であるから,同一

類似の表現や語句が出現する確率は極めて高い.換言すれば陳腐な駄句が出現す

る確率が高い.このような危うい文生成空間の中で,それでもやはり人を感動さ

せる名句が存在し,時々は生成される.その秘密は何処にあるのか?気儘に考察

したことを報告したい.

14:45-15:00     休憩

15:00

「形容詞の活用形と結合価」

青山文啓(桜美林大学)

〈ココガイタイ〉と〈ココニイタイ〉はふたつの文に現われる格助詞にしか違い

を見いだせない。しかし鼓膜を打つ音声情報から頭のなかの辞書を引き,この違

いをもとにそれぞれ〈ココガ-イタイ〉〈ココニ-イ-タイ〉のような単語に分割

して,文の意味を復元しようとする。それぞれの助詞の違いはイタイとイルそれぞ

れの語幹部分が持つ結合価(文型)情報によるが,ここでは形容詞の連用形とそれ

にテが附属したテ形とに焦点をあて,結合価が不可欠の情報であることをあらた

めて例証したい。

16:30-16:40     休憩

16:40

「多次元シソーラスの基本的枠組みとその構築法」

宮崎正弘(ラングテック)

多くの分類観点をもち、分類観点を明確化した多次元シソーラスでは、意味属性

(概念)を上位の概念と様々な分類観点、および認知的プリミティブを用いて形

式的に記述する。本発表では、このような多次元シソーラスの基本的枠組みとと

もに、日常日本語を対象とするより高度な意味処理向けの多次元シソーラスをど

のように構築するかについて述べる。

17:30

「時枝「対象語―形容詞述語」分析における話者の意識分析について」

佐良木昌(明治大学/言語研究アソシエーション)

対象語の措定は、場面の概念(論文「場面の制約」)を導入しえた可能根拠なの

である。意味分析(「語の意味の体系的組織は可能であるか」1936)との関連で

時枝が現象学の志向概念を検討したことは確かだろうし、意識に於ける対象とそ

れへの志向という分析視座は、場面論において顕著に導入されている。だがそれ

は「対象語―形容詞述語」分析の成功と行為的場面を前提としたうえのことであ

る。時枝における意識と言語との表現過程について論じる。

18:20

終了の挨拶

小川文昭(明治学院大学)

18:30  終了

 

高度翻訳知識シンポジウム

_______________________________________________________________________

2018科研費(17K02987)によるシンポジウム

―高度翻訳知識に基づく高品質言語サービスの研究―

________________________________________________________________________

 

■2018年12月15日 13:00~17:30

■早稲田大学8号館3階303/304/305会議室

https://www.waseda.jp/top/access/waseda-campus

www.waseda.jp/student/koho/15_campusmap_2018.pdf

科研費(17K 02987)代表 佐良木昌(明治大学)による

高度翻訳知識シンポジウムを開催します。

皆様のご参加をお待ちしております。

事前登録・参加費はございません。

 

■シンポジウム・プログラム

13:00-13:30     科研報告

「高度翻訳知識構築のためのデータベース編纂」

佐良木昌(明治大学)

 

13:30-14:00     科研報告

「SFにおける語と指示対象の関係:意味の理論と翻訳可能性」

原田康也(早稲田大学)

 

14:00-14:10 休憩

 

14:10-15:10 【招待講演1】

「日本語複単語表現レキシコンJMWEL-フレーズベース処理のための新たな言語資

源-」

首藤公昭(福岡大学名誉教授)

 

コロケーション,決まり文句,慣用句,単噴用句などの長単位表現とその派生表現,

計約140,000の見出しからなり、平仮名べた書き見出しのほかに,形態素分かち書

き、構文機能,構文構造,内部修飾可否情報,文脈条件,呼応情報,語釈などを与え

た日本語複単語表現レキシコンJMWELの概要を動詞性表現を中心に紹介する。

 

15:10-15:25 休憩

 

15:25-16:25 【招待講演2】

「日本語の重文・複文の翻訳の順序に関して」

岩垣守彦(NPO 言語研究アソシエーション・前玉川大学教授)

 

翻訳というのは「イメージ・概念の塊」(単位情報)の順に提示された異言語の

「符牒列」を等価的に適正な母語符牒に変換処理するものであるが,言語には固

有性がある.その固有性を克服するために,先人たちの「文法」と「解釈法(異

言語を母語の構造で理解する)」を参照しながら,言語情報を「単位情報(一つ

の動詞と一つ以上の名詞)」と「関係性指標」の組み合わせととらえて、「イメ

ージ・概念の塊」の順に処理する方法とその限界を探る

 

16:25-16:30 休憩

 

16:30-17:30 【招待講演3】

「高度な意味処理向けの新しいシソーラスの提案-連想型多次元シソーラス-」

宮崎正弘(新潟大学名誉教授・ラングテック社長)

 

より高度な日本語意味処理を実現するため、多くの分類観点を持ち、単語連想機

能を持った新しい日本語シソーラス(連想型多次元シソーラス)を提案し、その

意味処理への適用性について論じる。連想型多次元シソーラスによって格パター

ンと上位-下位関係に基づく従来型シソーラスをベースにした意味処理の技術的

行き詰まりを打破し、新しい意味処理が可能となることを論じる。

 

 

 

 

辞書プロジェクト会議第二期第9回会議 8月25日 土 午後 千代田区役所図書館第1第2研修室

【 8月25日 土曜 午後 辞書プロジェクト会議第二期第9回】

千代田区役所図書館第1第2研修室

辞書プロジェクト会議第二期第9回会議のご案内

2018年8月25日 土曜  13:00~

千代田区役所図書館第1第2研修室

プログラム 8月25日

13:00

「高度翻訳知識の導出に向けて」科研費研究報告

佐良木昌(明治大学/ALR)

13:45

「接続表現の訳し分けの条件ー「ながらも」を例に」

衛藤純司(ランゲージウェア)

14:30

「食文化に関する異言語観情報共有の問題」

鈴木雅実(KDDI総合研究所)

15:15ー15:30 休憩

15:30-16:15

「高度な意味処理向けの新しいシソーラスの提案-連想型多次元シソーラス-」

宮崎正弘(ラングテック)

16:15-17:00

「自動点字翻訳システムibukiTenCの公開後の現状」

池田尚志(岐阜大学名誉教授)

以前、自然言語処理の応用の一つとして自動点字翻訳システムibukiTenC

というものを作成し2007年以来公開している。10年を経過して未だそのま

ま公開は続けており、利用される方も続いている。その現状を報告する。

17:00 終了

言語過程説80年時枝没後50年

 「言語・認識・表現」第22回年次研究会

2017年11月25日土曜 午前10:30~午後6:00

千代田区役所図書館第1第2研修室

 

 

 

10:20           受付開始

10:30

研究会主査 宮崎正弘(ラングテック・新潟大学名誉教授)挨拶

10:30-1130

「日英単文翻訳のための日本語文の書き換え」      宮崎正弘ラングテック

日本語的発想で書かれたこなれた日本語表現を、意味・ニュアンスの差を可能な限り正しく表現した自然な英語文に翻訳するには、意味と親和性のある文構造を出力する高度な日本語解析技術とともに日英間の発想の差を吸収する枠組みとしての日本語書き換えが必要である。本稿では、日英翻訳の基盤となる単文翻訳の高度化を目指して、日英間で文構成要素の対応がとれないこなれた日本語表現を意味的に等価な英語に翻訳しやすい規格化された日本語表現に自動変換する方法を中心に論じる。

11:30-12:00

UUS式英日機械翻訳の辞書登録                                 吉澤忠義(ALR)

英日機械翻訳のプログラム(EtranJ)、27年前、「C言語による英和翻訳システム」を移植。ここ数年間、「https://www.yahoo.com/」の英語ニュース3,4行を訳し続け、EtranJの語類辞書の登録件数が11万語を超えました(トランプに関する記事が多い)。柴田勝征先生が取り組んだ「英和機械翻訳用大規模辞書構築」に倣って、ぽつぽつと進め、たどり着いたものです。目標は、30万語類を超えたい…20年はかかるかな!

英文:I read the book indicating the cold case with the notion that Kate might be the criminal.

◎EtranJ訳:私は、ケイトが犯人であるかもしれないと思われる迷宮入り事件を示している本を読みました。

◎US機械翻訳(柴田):私は迷宮入り事件を指し示すその本を読みますが、ケイトは犯罪者であるかもしれませんのように考えている。

◎Gogle翻訳:私はケイトが犯人かも知れないという冷たいケースを示す本を読んだ。

 

12:00-1:15   休憩

1:15-2:30

「オントロジー的部分空間」               新田義彦(ALR/日本大学)

俳句のような芸術的文は,日常の場で使われる文と比較してその含意するメッセージ情報の量が圧倒的に大きい。また情報量の増長には俳句歳時記(俳句オントロジー)の作用が寄与する。断片文を、文法的要素が完備した通常文のように解釈できる理由は、オントロジー的部分空間の参照にある.オントロジーの基本部分は歳時記や辞典などにより与えられる.成文化しているオントロジー以外に、句作者がもつ人生経験のような無定形な物語知識もオントロジーとして重要である.形式的解釈の観点から,個々の句作者の持つ人生物語を集成することは難しいが、その断片を内省的に推量して描写することは可能である。

2:30-2:40     休憩

2:40-3:30

「漢字の読み=振仮名+送仮名」          上田博和(国語問題協議会)

「終る・終える」は「終」の読みがオワとオで不統一だからと、「終わる」と送つてオに統一しようとするのは、漢字「終」の読みが「終る」「終わる」に於て、ともに「オワル」であることを知らず、送仮名も振仮名と同じく漢字の読み」を示すことを知らないからである。漢字「終」の訓〔おわる〕に、訓読み「おわら・おわり・おわる・おわれ」はあるが、「オ・オワ」は無い。
3:30-4:30

「指示と表現―意思の伝達―」           小川文昭(明治学院大学)

他者に何かを伝えようとする行為を枠組みとして、その内部構造が発展した結果、規範を介して概念を表現する言語が生れた。言語は主体的な表現が伴う点で記号より音楽や絵画に近い。音声、文字は感性的存在であると同時に、概念を映す表現体でもある。表現体と表現との二重性によって言語表現の二重性と観察的立場と主体的立場の別が生じる。表現体(単語)が文に組織される構成法は、ヨーロッパ諸語では基本的に単語内部に表現されるが、日本語と中国語では表現体(単語)相互の直接の構成関係として現れる。

4:30-4:40     休憩

4:40-6:00

「言語過程説における場面論―その表現実践論的解明の意義と限界―」

佐良木 昌(ALR/明治大学)

本報告では、表現主体を拠点とした言語的表現実践論として時枝の言語本質論が、場面論を核に展開されていることに言及する。時枝場面論の形成過程を辿ることで、言語過程説の構築過程を追思考(nachdenken)する、この試みが今日の課題である。

6:00 終了予定

時枝誠記の没後50年・言語過程説80年 『言語過程説の探求』第三巻「自然言語処理への展開」 刊行

明石書店から刊行

http://www.akashi.co.jp/book/b313319.html

まえがき[佐良木昌]

言語過程説に基づく日本語解析の試み[宮崎正弘]
まえがき
第一章 言語の過程的構造と自然言語処理
第二章 三浦文法に基づく日本語品詞の体系化と日本語形態素解析用文法の構築
第三章 三浦の言語モデルに基づく日本語構文・意味解析
あとがき

日英機械翻訳のための言語知識の構築と記述に関する研究[白井諭]
第一章 序論
第二章 日本語の階層的認識構造と係り受け解析
第三章 係り受け制約を利用した日本文書き替え
第四章 日英機械翻訳に必要な結合価パターン対
第五章 連鎖型および離散型共起表現の自動抽出
第六章 結論
付録A 不完全な対訳データを利用する用例利用型翻訳

意味類型構築のための文接続表現の体系化[衛藤純司]
1 はじめに
2 文の構造と意味を一体として扱う仕組み
3 複文の意味類型
4 節の意味
5 おわりに──今後の課題

時枝古典解釈文法から翻訳過程論への示唆[佐良木昌]
序章
第一章 言語過程説の確立途上における用例分析の方法
第二章 条件法として解釈される古文連体形の用法
第三章 条件法として解釈される現代連体節
第四章 連体節の連用節への換言態
第五章 連体節の翻訳過程
第六章 結章

初出一覧
編著者紹介

ALR Preview

Tagging Utility Program: putting etymological tags on a text

http://alr.la.coocan.jp/gogen.html

“The Dictionary of English Etymology for Analyzing Expressions” (hereinafter referred to as DEE ) contains the origin and borrowing process of approximately 20,000 English words and will be expected to expand to 25,000 (currently under compilation).

The DEE has been developed together with a tagging utility program. The tagging program allows users to tag each word of the target text at etymological labels(OE, ME, F, L, G, etc), by consulting the DEE database. One objective of the DEE is that it enables scholars to automatically analyze English expressions with the view that the etymology of each word in a text is one of the essential elements determining the behavior of the expression. Setting up etymology as one attribute of any word, researchers will be able to create the possibilities of developing semantic and rhetorical analysis.

Hemingway “The End of Something” Tagged

In the old(OE) days(OE) Hortons bay(OF) was a lumbering(ME) town(OE). No one(OE) who(OE) lived(OE) in it was out of sound(OE-ON) of the big(ME-ON) saws(OE) in the mill(OE) by the lake(OF). Then(OE) one(OE) year(OE) there(OE) were no more(OE) logs(ON?) to make(OE) lumber(ME). The lumber(OE) schooners(American) came(OE) into the bay(OF) and were loaded(OE) with the cut(OE) of the mill(OE) that stood(OE) stacked(ON) in the yard(OE). All(OE) the piles(OE) of lumber(OE) were carried(NF) away(OE). The big(ME) mill(OE) building(OE) had(OE) all(OE) it machinery(F) that was removable(OF+of) taken(OE) out and hoisted(MDu) on hoard(OE) one(OE) of the schooners(American) by the men(OE) who(OE) had(OE) worked(OE) in the mill(OE). The schooner(American) moved(AN) out of the bay(OF) toward the open(OE) lake(OF) carrying(NF) the two(OE) great(OE) saws(OE), the travelling(OF) carriage(F) that hurled(lowG) the logs(ON?) against the revolving(OF), circular(AF) saws(OE) ……

 

The Historical Process of Innovation of Text Styles in Ancient Greece

Inheritance of analogia inventio and Principle of linguistic expression

Analogia was originally proposed by Aristotle. It is not speculation based on similarity but discovery of the essential equality between the hetero-logos. The analogia suggests the scientific methodology for finding out proportional regularity between the hetero-logos.

http://ci.nii.ac.jp/naid/110007132139

The Historical Process of Innovation of Text Styles in Ancient Greece

This paper remarks on the historical process of innovation of text styles and stereotype sentences in ancient Greece, based on literature documentation. Text is a complete language event, namely autonomy. It has arche(beginning), medē(middle) and telos(end), and this configuration means text totality. Text style has three moments of configuration, development and stereotype sentence. The illustration in ancient Greece is shown on Homer’s epic poems, Iliad and Odyssey, both of which have prologue, narrative and epilogue. These epic poems have a lot of stereotype phrases and are composed of hexameter verses. The prosody-driven verse, which is the expression of ethnic pathos or passion, is given priority over semantic and syntax.

http://ci.nii.ac.jp/naid/110008746337

The Historical Process of Innovation of Text Styles in Ancient Greece

The development of Greek Prose in Ionia and Attica

This paper remarks on the historical process of innovation of the prose style in ancient Greece, based on literature documentation. Ionic prose is characterized by simplicity, parataxis, and connectives. The Corpus Hippocrates shows us Ionian prose style and the text composed of introduction, discussion, and concluding remarks, which has brought the literary fundamentals to the later scientific writers in the later centuries. Attic prose is characterized by complexity, hypotaxis, and abstract nouns. The History of the Peloponnesian War by Thucydides is the representative Attic prose in the later of the fifth century B.C. and the historian has the skills for writing complex prose featured in participle construction and connecting particles.

http://ci.nii.ac.jp/naid/110009482179

The Historical Process of Innovation of Text Styles in Ancient Greece

Sophist Oratory

This paper remarks on the historical process of innovation of Attic prose in ancient Greece, particularly in sophist oratory of Athena. The oratory in her court has four-part structure: introduction, recital, argument, and conclusion. Each part consists of rhetorical sentences The eloquence is a key aspect of Attic prose and characterized by participle clauses called colon. The clauses make an antithesis of rhetorical words and phrases. The speech of Orator Lysias integrates the features such as conciseness, descriptiveness and simplicity into relatively short sentences. The speech of Rhetorician Isocrates, however, is characterized by his eloquence, complex of matrix and subordinate clauses, and thus long sentences called περίοδος. Greek orators had devised three types of orator corresponding to topos such as legal orator, speeches in demos assembly or ceremony.

http://ci.nii.ac.jp/naid/110010013790

 

 

辞書プロジェクト第2期第8回会議のお知らせ

 プログラム更新しました 

辞書プロジェクト第2期第8回会議のお知らせです
 ご都合宜しければ、ご参加を検討ください。

 辞書プロジェクト会議第二期第8回会議のご案内
 2017年8月31日 木曜  13:00~
 千代田区役所図書館第1第2研修室

プログラム 8月31日 木曜
13:00
科研「高度翻訳知識に基づく高品質言語サービス」経過報告 佐良木昌 明大/ALR
13:45
山岡洋一翻訳訳語辞典の概略と今後      武舎広幸 マーリンアームズ

14:30  休憩

14:40
英語における因果表現の諸相 after-clauseを中心に 宮澤おりえ ケント大学 佐良木昌 ALR

15:25 休憩

15:40
翻訳という表現創作の技法 岩垣守彦 ALR
16:40
英語の認知構造に基づいてソフトウェア工学の「クラス図」を理解する     金田重郎 同志社大

17:40 終了

18:00~20:00
懇親会  千代田区役所10F食堂
         会費 3000円

free wi-fi is available.

「言語・認識・表現」第20回年次研究会

「言語認識表現」第20回年次研究会

2015年11月28日土曜 AM10:10PM6:30

東京都千代田区役所図書館第1第2研修室

 10:1010:15

研究会主査あいさつ
 

10:1511:15

「言語学以前のこと」鈴木覺 愛知県立大名誉教授

個々の言語現象を記述するだけなら未だしも、それらの諸々の現象を貫くより本質的なことを追究しようとすると、個々の現象から特殊性を捨象して普遍的な側面を抽出する思考作業の過程でどうしても抽象的な概念を用ゐて論を進めることになるが、抽象概念の依つて來るところを忘れて議論を進めがちになる。これまでの言語学の歩みの中にもそのやうな誤りが見受けられる。過去の誤りを正しく見つめ直すことから出直さなければ、いたづらに過去の轍を踏むばかりであらう。

11:1512:15

岩垣守彦 ALR 「付加情報+体言」と「名詞+付加情報」という壁を乗り越え

今まで,英語の「名詞+付加情報」と日本語の「付加情報+体言」とは,対応するかのように取り扱われてきた.しかし,たとえば,「夜明けに見る夢」とthe dream we have at dawn は情報として等価関係にあるのだろうか.この問題は,究極的には「個を優先する」か「群れを優先するか」という壁にぶつかると思うのであるが,情報伝達という観点から,日本語の「連体節+体言」と英語の「名詞+関係詞節」という壁を乗り越えたい.

 昼休憩

 13:1514:15

「日本語表現分類体系と翻訳ソフトを用いた英語学習支援サ

イトの構築」宮崎正弘(ラングテック)

ネットに繋がったパソコン・タブレット端末・スマホを用い、体系的な文法 知識 を習得・確認すると共に、英語と日本語の文構造・表現の違いやその背後にある発想法の違い等を理解する こと で英語の読み書き能力を高めることを目的とした英語学習支援サイトを構築した。本発表では、本 サイ ト上で動作する英語学習支援ツールを紹介し、今後、考える英語学習を促すより良いサイトをどのよう に実 現するかについて論じる。

 14:1515:15

「Eラーニングによる医療英語学習環境の最適化について」

逸見明子 エジンバラ大学

近年、オリンピック需要を受け、訪日外国人の数が激増しており、医療現場での外国人患者受け入れ態勢の整備が急務となっている。当発表では、ctivity Theoryの考え方を取り入れながら、医療現場での英語研修実施とEラーニングを併用することで、如何に学習環境を最適化させ、学習効率を高める教材コンテンツを作り込んでいくことができるのかを解説していく。 

 休憩 10

 15:2516:25

仮題「非常識の日本語─三浦つとむ認識論による日本語解明 」

今井幹 SJP日本語センター

「非常識の日本語―三浦つとむ認識論による日本語解明 」(仮題)

・言語とは(日本語の入口もの・こころ・ことば 二つの概念 )

・日本語の分析(粘土とすし こそあど 横浜は東京の手前 )

・言語教育の展望(わかることとは

・「認識論」と直接教授法の原理 ・三セルと提出順

 16:2517:25

「遍在する物語性について」新田義彦 日本大学

 物語には起承転結に相当する構造(いわゆるストーリ)があって、読み手の興味と理解を励起する効果を持っている。このような物語の特性を抽出し一般化すると、「物語性」という概念が得られる。人間社会における言語運用の場(空間)の至るところに、物語性が存在して知的コミュニケーションを効率化あるいは強力化しているように思われる。一方また、物語の構造を持たない(物語性が希薄な)言語運用の場も存在する。このような場では、どのような機序でコミュニケーションの発信と受信における関心の惹起と維持がなされているのであろうか?一見超短文の羅列に見える連句の編みあげなどを例に、平素漫然と考えていることをお話して、LACE研究会の諸賢のコメントをいただきたく思います。

17:3018:30

佐良木昌 ALR 条件法に解釈される連体修飾節の特質とその英訳手法

古文における「連体形+(形式名詞「の」を補う)+係助詞/格助詞」という構成の連体節が体言格相当であるとき、条件法としての解釈が可能である。現代文においても、「連体形+「の」+「係/格助詞」の用法が、同じく条件表現として用いられている。主節が「対象語格+感情形容詞述語」の文型が基本であるが、この感情表現の型が条件表現に拡張されている。条件法に解釈可能な連体修飾節-主節の構成を取る和文は、英訳においては主節-従属節が適切である。英語・独語では形容詞である関係節は条件節に換言可能であるが、英語においては、非制限の関係節は原因・理由の従属接続節に換言可能であり、制限の関係節は条件の従属接続節に換言可能であるといった制約がある。上記の二つの視点から連体節の英訳手法を検討する。

 

 

 

 

 

辞書プロジェクト第2期第6回会議の開催 2015年8月27日

辞書プロジェクト第2期第6回会議のお知らせです。ご関心の向きにはぜひご参加ください。

日程: 2015年8月27日、午後1時~午後5時

会場: 東京都千代田区図書館9F第1会議室

高度翻訳知識の体系化と機械翻訳への実装

主催: NPO言語研究アソシエーション

日程:  2015年8月27日 木曜日 PM1:00~PM5:00

会議場:東京都千代田区役所9F図書館第1研修室

http://www.library.chiyoda.tokyo.jp/facilities/chiyoda/

 

プログラム(暫定版)  時間調整あり

PM1:00

「翻訳知識の体系化のための資料1―サングラスをはずすと目が痛んだ」

「翻訳知識の体系化のための資料2―運転席のシモーヌ」 岩垣守彦   ALR

PM2:00  「翻訳論の新地平」(仮題)新田義彦  日本大学

PM3:00~PM3:15                      休憩

PM3:15  「世界展開にあたってのマーケティング資料翻訳の現実(和訳者の立場から)」  宮澤おりえ   ケント大学

PM4;00「US式機械翻訳における訳質高度化に向けた辞書記述・文法記述の諸問題」吉澤忠義    アンドロメティック

PM4;30「主部に係る連体節の特質と、その英訳方法-連体節と関係節との差異-」佐良木昌   ALR

PM5:00 終了